お知らせ

忘れへんうちに 旅編では、南イタリアの旅を再開しました。
その中で興味のある事柄については、詳しくこちらに記事にします。

2020/01/28

エルコラーノ アウグストゥス崇拝殿


㉔アウグストゥス崇拝殿(Collegio degli Augstali)

説明パネル
ユリウス・カエサルとアウグストゥスを神格化し、2人の像を安置した崇拝殿。

入るとまず明るい方に目が向く。やはり㉛サムニテスの家のように、上の壁四面に装飾的な柵を埋め込んである。しかも木材で。
『THE EXCAVATIONS OF HERCLANEUM』(以下『HERCLANEUM』)は、レンガ積みの間に凝灰岩のオプス・レティコラトゥム(網目積み)を嵌め込んだ壁と、コッチョペーストの床の矩形の建物である。テラスはコッチョペーストの厚い層で、4本の太い円柱で支えられているという。
コッチョペーストは、レンガを骨材にしたモルタルのこと。
その奥が礼拝堂で一面に第4様式のフレスコ画が描かれている。
左側中央には、オリンポスへ入るヘラクレスが描かれているという。
右の壁中央には、左からヘラクレス、アキレス、ディアネイラ
この部屋の床は大理石を敷き詰めたオプス・セクティレ
さまざまな色や模様のある大理石をそれぞれの形に切って幾何学文様に仕上げている。

右側には板に加工した梁が並んでいる。
別の部屋

エルコラーノ ネプチューンとアンフィトリテの家

関連項目
エルコラーノ2
エルコラーノ サムニテスの家
エルコラーノ 板仕切りの家

参考文献
「THE EXCAVATIONS OF HERCLANEUM」 Mario Pagano 2017年 Edezione Flavius