お知らせ

忘れへんうちに 旅編では、南イタリアの旅を再開しました。
その中で興味のある事柄については、詳しくこちらに記事にします。

2021/06/18

法華山一乗寺の三重塔


三重塔 平安時代末期
栞によると、承安元年(1171)長吏法印隆西、一和上仁西の勧進により造立。同4年(1174)額田部武末の屋敷瓦寄進によって完成。各層の低減が大きく安定感があり、三重の照りむくり、三手先の組物、左右二材を組み合わせた本蟇股など平安様式の優美な古塔で我国和様建築の完成を示す。本尊は五智如来という。
土壁が全くない、木材だけを組んだ塔というのは珍しいのでは。

鉄錆色の相輪
水煙は蔓草の透彫だった。錆だけではなく、朱漆が塗られていたのかな。
違う角度から写しまくった。



各層の屋根は反りがあまりない。軒の垂木の間に白っぽい色が残っている。 

初層の鬼瓦
下の門歯が真ん中に1本

二層目の屋根
前歯も臼歯のよう

三層目の屋根
角は二層目に似ている。それぞれの制作時期が違うためか、それぞれに違った顔で面白い。

風鐸からぶら下がる風鐸

二層目は三手先の組物が間隔狭くならび、三層目には三手先の組物は隙間なく並んでいる。
幅が低減しても、組物の大きさは同じだから😉
二層目の隅肘木は装飾もなく素直に出ている。

初層に整然と並ぶ組物そして軒へと以降する箇所には湾曲した縦材が並ぶ支輪。
この辺りに白く着色していた痕跡がある。
京都府木津川市海住山寺五重塔(建保2年 1214)は一乗寺三重塔の40年ほど後に造立されている。木材に白く胡粉を塗った壁面がよく残っていて、一乗寺三重塔もかつてはこのように彩色されていたことが想像できる。しかし、やはり一乗寺三重塔は組物が密に積み重なって、壁面が海住山寺五重塔ほど見えない。
京都府木津川市海住山寺五重塔 鎌倉時代 『五重塔入門』より

扉には、柿蔕文の金具?

そして、連子窓は細工した板を並べただけ。雨水の浸入を防ぐ工夫?それとも簡略化したもの?

塔は大悲閣と呼ばれる本堂からも見下ろせる。
三層目の壁面には白い色が残っていた😊

石段から
石段を降りながら。

      法隆寺 五重塔まで←        →石の宝殿の正体

関連項目

参考文献
「五重塔入門 」 藤森照信・前橋重二 2012年 新潮社とんぼの本
法華山一乗寺のしおり