お知らせ

忘れへんうちに 旅編に、中央アジア各地の旅に続いて、イランの旅を記載し始めました。
その中で興味のある事柄については、詳しくこちらに記事にします。

2015/01/27

田上惠美子氏の蜻蛉玉展は真鶴のaToで



田上惠美子氏から個展の案内が届いた。「蜻蛉玉展」とはシンプルなタイトルだ。
珠玉のトンボ玉が北斗七星のように並んでいる、と見ていたが、数えてみると8つあった。これらを一つずつ手にとって、光にかざしてみたいものだ。

いつもは下にあるトンボ玉の影だが、今回は斜めに出ている。どんな風に撮影するのだろうと、案内を頂く度に凝視している。


料金別納にすると、切手の部分にも画像を印刷できるようになって以来、ここも見る楽しみの一つとなった。
そして、個展にあたってのコメント。日常に見ることのできるものの美を、蜻蛉玉に留める。
そんな思いで作品を創っておられたのか。それがある人にとっては短歌だったり、俳句だったりするのだろうが、物を創ることのできない私には、それもなかなかです。

その拡大
截金の内側にも鮮やかなガラスの中に縞のような模様がある。
下の方は色の違うガラスが使われているのかな。

真鶴は遠いので、残念ながら見に行くことはできないが、それでもこんなに素晴らしい葉書が届くと嬉しい。

田上氏のホームページのちょっとダブリングで、バセドウ眼症の方も良くなられているらしい。
今年はどんな作品ができるのか楽しみだ。

しかし、お忙しいことと思うのだが、漫ろ事の更新も願いしたいものである。

後日、22015.1.26.真鶴のそぞろごとの記事を発見。
海と真鶴半島の景色が広がるガラス張りのギャラリーaTo(あと)も素敵だが、それを借景に作品を撮られた田上氏の感性も素晴らしい。そしてそのガラスには氏の姿も写っていた。
そこで、画像を拝借し。縦に切りとり、濃いめの色彩に編集して印刷。案内の葉書とともにアルバムにおさめた。


     箕面で田上惠美子ガラス展3